オックスフォード・インストゥルメンツの一部
拡張
アプリケーション

食品

液体、エマルジョン、固形、コーティング等の食品分野では、さまざまな試料が観察対象となります。柔軟性に富んだWITecのイメージング分析システムは、このような様々な試料観察にお応えすることができます。試料の化学特性、物理特性を総合的に分析することができ、デプスプロファイルや3次元イメージングは、データを視覚的にわかりやすく表現することができます。

WITecの装置は幅広い用途に使用でき、様々な観察手法が可能で、観察結果から多くの試料に対する情報を得ることができます。顕微鏡システムとして可能な組み合わせは、共焦点ラマン顕微鏡、原子間力顕微鏡(AFM)、近接場光学顕微鏡(SNOM)、電子顕微鏡(SEM)があります。共焦点ラマン顕微鏡は化学情報を、AFMは表面形状・構造、硬さ・吸着力などの物理特性を、SNOMは光学回折限界を超える高分解能光学像を得ることができます。すべてのWITec装置は、ご要望に応じて機能をアップグレードすることができます。


観察例

結晶化したハチミツ中の花粉の3次元ラマンイメー

 

結晶化したハチミツ中の花粉の3次元ラマンイメージ。WITecの新しいソフトウェア「Suite」を使用して、データ収集、解析を実施。画像データ: 150 x 150 x 50 画素 = 1,125,000 ラマンスペクトラム、走査範囲: 50 µm x 50 µm x 50µm、積算時間: 12.2 msec/スペクトラム、総測定時間: 3時間 50 分。
食品製品のエマルジョンの共焦点ラマンイメージ
食品製品のエマルジョンの共焦点ラマンイメージ。赤&緑: 脂肪基材; 青: 水; 黄: 乳化剤

アプリケーションノート

アプリケーションノート 食品化学


お問い合わせ

お客様の研究におけるラマンイメージングの可能性についてご興味がある方は、ぜひオックスフォード・インストゥルメンツのWITecまでお問い合わせください。当社のスペシャリストが対応します。

お問い合わせ

プロダクト